意外に思われるかも知れませんが、つくば市は縦に長い市ですので、最南端から最北端までおよそ20kmあります。公共交通機関はつくば駅ぐらいしか大きなありませんし、つくば市の中心部もおよそ沿線に集中しています。こういう環境ともなると、気になるのがデリヘルの交通費です。茨城県全体のデリヘル事情を語る時に欠かせないのが、茨城は車社会であるということですが、大抵の場合は交通費は格安か無料になることが多いです。これが例えば都内の店舗だった場合には少し距離が離れたところにデリヘル嬢を呼ぶだけで、数千円取られることがザラです。しかし、つくばのデリヘルの場合には、市内であれば大抵は無料か取られてもせいぜい1000円程度ですので、お得感があります。市の端から端までの20kmをタクシーで移動したと仮定すると、相当な金額になりますが、それが無料か1000円で住むのはなかなか格安感があるといえます。しかし、つくばはデリヘル嬢のレベルが高いとはお世辞にも言い難いものです。茨城県出身の美人モデルや女優はさほど多くないですし、どちらかと目立つのは芸人やタレントの方ですので、美人率はそこまで高いわけではありません。しかし、デリヘル嬢は必ずしも地元の女性がそこで働いているとは限りません。いわゆる身バレを防ぐことが目的で、出稼ぎにやってきている女性も当然いますし、つくばは都内や千葉、埼玉とのアクセスが良いことから、つくばエクスプレスの沿線に住んでいる女性が働きに来ているパターンも多いようです。都内の女性は結構見栄を張って生活をしなければならない事情があるので、こうしてつくばのデリヘルで働くパターンが最近は多いようです。普段都内で生活している女性からしてみると、つくばの広大さに驚くこともあるでしょうし、茨城弁を話す男性を相手にプレイをするのも中々新鮮な体験ともいえるでしょう。現在の40代~50代のつくばに住んでいる男性の場合、かなり方言が強くなるので、もしも都内在住のデリヘル嬢が話をしようと思った場合には話が通じないという可能性もあるかも知れません。しかし、話をしている内容がそこまでわからないので、ある意味割り切って仕事に望むことができるでしょうし、もしも逆につくば在住のデリヘル嬢の場合は何をどんなニュアンスで話しているのかもわかってしまうので、お客さんと接している時に気持ち悪いと感じる部分も出てきてしまうかも知れません。こういった事情も含めて楽しむのもつくばのデリヘルの醍醐味であると思われます。
茨城/デリヘル『つくば風俗エキスプレス ヌキ坂46』

銀座には月1ぐらいで遊びに行くのですが、その時に必ずデリヘルを利用します。自分は普段良いことばかりあるわけではなく、仕事で疲れたり、友人関係でギクシャクしたりと、結構人生が山あり谷ありなので、1ヶ月に…>>続きを読む

今回、久しぶりに出張で東京にやってきました。移動や先方との打ち合わせはやや面倒くさいなと思う反面、出張を心待ちにしていた部分もあります。出張サラリーマンの心の拠りどころである風俗遊びができるからです。…>>続きを読む

これまでは交際クラブというものを知らなかったのですが、利用してみると意外と良いです。料金が高く会員制という部分もあり、利用するまでのハードルが高いイメージですが、実際に利用するとなると非常に単純に楽し…>>続きを読む

一年と少し前に離婚をしてシングルマザーになったのですが、1人で育児をすることがとにかく大変だと実感しています。世の中の母親はこれほどまでに大変な想いをしてきたのだと改めて思いました。それが特に自分一人…>>続きを読む